人に信じてもらうには

5月14日にブログでお伝えしたとおり、昨日おおた助っ人のイベントに参加したことのあるメンバーたちと話題の人狼ゲームに挑戦しました。
5/14のブログ 流行りもの 
http://ameblo.jp/44s4-kobayashi/entry-11530369508.html
※人狼ゲームについてはこちらを
総勢13名のゲーム参加者は、基本全て知った顔。
それぞれのお仕事は、行政書士×3名、司法書士×3、コーディネーター、中国コンサルタント、不動産クリニック、1級建築士×2、IT、税理士と千差万別、ちなみに男女比は8:5。
年代は30台前後でした。
ちなみに、おおた助っ人理事6名は全員参加です(^_^)
しかも、ただの人狼ゲームではなく、このゲームの第一人者、ホライズンワークス代表 林真人さんがきっちり大田区向けにストーリーを作り込んでくれた大田クロニクル
ゲームごとにストーリー、ルールも若干違うオリジナルです。
私を含めほとんどの方が初体験だったので、3ゲームの内最初のゲームは、やはりぎこちなかったですが、2ゲーム以降はさすがそれぞれの業界のプロフェッショナルの面々。
この人狼ゲームの本質は、嘘をつくことではなく、
「人を信じること、人に信じてもらうこと」
だそうですが、だんだんとだれも信じられなくなってくるんですよ、これが。
話し過ぎてもダメ、話さなくても逆に怪しい。
動き出しが早いと怪しまれ、誰かに乗っかってばっかり人も怪しい。
信条が「信じる!」だった方が、「もう信じられない!」に変わってしまうぐらいの衝撃です。
蒲田の餃子の名店「歓迎」の焼き餃子をつまみながらのあっという間の3時間でした。
何事もそうですが、真剣に取り組むと、その人の本質の部分が見えてくるもの。
たとえゲーム、されどゲームですよ~
人狼ゲーム、仲良すぎる同士だとあまり面白くないらしいですが、
いやいや、身近なあの人の本質見たり(^^) 楽しいですよ!お薦めです!!

大田区池上 元八百屋の司法書士 小林 彰
司法書士事務所ワン・プラス・ワン
https://www.44s4-kobayashi.com/

関連記事

  1. 愛読書
  2. シャンパンタワーノホウソク
  3. ろーど第○章
  4. どうせやるなら○割増し
  5. 複数・異業種がなぜできるのか。
  6. 毎年同じ悩み
  7. 二回り
  8. 若手募集

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP