助成金をもらえ!

昨年から参加していた、

大田区主催の「区民協働コーディネーター講座」


3月12日をもって無事に講座が終了しました(^◇^)


が、残念ながら、最終日は本業で参加できず...

参加したかった(+o+)


本日、大田区の担当の方からご連絡をいただき、最終日の様子をうかがいました。

私も少しだけお手伝いさせていただいた、「かまた夢サロン」は、多くの参加者から「自分も参加したかった!」というご意見をいただいたそうです。


良かった良かった(^▽^)

そんな地域のNPO(広い意味で)活動を支援するこの講座。

私も4年近く地域で活動してきて思うことがあります。


それは、「助成金をもらった方がいい」ということ。


収入を助成金に頼るのがいいということではなく、

自分たちの活動、これからやろうとしていることを冷静に見つめなおす機会になるからです。


NPO的な活動は、なにかしたい、どうにかしたいという「想い」がきっかけに始めることが多いです。

すごく意義を感じて立ち上がるんですが、当人たちの想いは、思いのほか第三者には伝わらない。


それを第三者に伝える形にするのかが、多くの助成金の申請で求められる多くの書類。

事業計画・事業報告、事業の内容他もろもろ。


「想い」だけでは第三者に伝わる書類は書けません。

真剣に主観的だけでなく、客観的に自分たちの活動を再考するいい機会になります。

これをすることで、その後の活動が変わります。


ただ、いいことばかりではありませんよ~

縛られますよ~


2年間継続して団体として身に染みました(^__^;)


大田区池上 元八百屋の司法書士 小林 彰

司法書士事務所ワン・プラス・ワン

https://www.44s4-kobayashi.com/

関連記事

  1. 法務省のサイトがつながらない
  2. 高速道路かどうかそれが問題だ
  3. 4年に1度と言えば
  4. 年賀状大国
  5. 始めました。
  6. 2代目と初代
  7. ほんとに継続すれば習慣になる?
  8. 捨てないで!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP