委託業務の解除について

私は自営業をしており、現在 A社からの業務委託をしております。

今後、A社との業務委託を解除しようと思うのですが
A社と交わしているのが「委託契約書」ではなく「委託書」
なのですが、委託書の場合も契約解除する際 A社と解約書
等を交わすべきなのでしょうか。

@000さん (愛知県/20歳/女性)

「委託契約書」と「委託書」についてですが、契約書のタイトルはあくまでタイトルに過ぎません。これが、『合意書』や『覚書』でも結論は一緒です。
両者の合意により業務の委託を内容とする契約が結ばれていれば契約書のタイトルは何でも結構です。

契約を解除する場合は、両者の合意の上で解約書等を交わす方が事後の争い事予防できますのでよろしいと思います。

関連記事

  1. 進む商業登記所の統廃合
  2. あなたにも遺言ができる! ...かも
  3. 賃貸住宅の更新料条項は消費者契約法違反で無効
  4. 増加する「競売」と「任意売却」
  5. 違いの分かる『会社の登記簿謄本』の読み方 その1
  6. 公証役場とは(渡瀬恒彦のアレです)
  7. 叔母名義の借地上にある実家の借地料について
  8. 区分所有建物の相続について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP