無事1年経過しました。

昨年、2012年の1月21日からスタートした司法書士事務所ワン・プラス・ワンも本日から2年目に突入しました。


これも全て多くのみなさまに支えられてのこと、感謝の言葉しかありません。


ありがとうございます(^___^)



当初は、


『なぜ池上?』

と多くの方からご心配いただきました。



自分が育ったところで仕事をしようと、仕事を含め、色々な活動をしているわけですが、そう聞きたい気持ちもわかります(^___^)



確かに東京で登録されている司法書士の多くは、千代田区・新宿区・中央区・港区・渋谷区の都市部に集中してます。

以前私が勤務して経験を積んだのも、この中の新宿区、渋谷区、港区にある司法書士事務所でした。


大田区にも司法書士は100名前後おりますが、そのほとんどが元々法務局のあった大森か、蒲田といったJRの駅周辺もしくは東京法務局城南出張所(鵜の木)周辺に集まっています。


大田区の人口(平成25年1月1日時点)は、696,734人です。

同時点で東京23区で3番目。

面積は、トップです(私が子どもの頃は2位でした)。


ちなみに事務所のある池上1丁目~8丁目までの人口は、41,329人。

大田区の総人口の約6%が池上にいます。

東急池上線池上駅の平均乗降数12,324人(平成22年度)は、東急池上線の五反田・蒲田を除くと2位以下をかなり引き離してトップ。


バスも池上駅前はターミナル的な役割を果たしています。


すごいんですよ~池上って。


と言う訳で、地元が好き!というだけで選んだわけでもないのでした。


人が多くいれば、その数だけ、司法書士のお手伝いできることも増えます。

ここが弁護士さんや税理士さんと少し違うところかもしれません。


それにしても、1年経って思うこと。



私はきっと運が良い。




今後とも司法書士事務所ワン・プラス・ワンをよろしくお願いいたします。

困ったときはいつでもご相談ください。


大田区池上 元八百屋の司法書士 小林 彰

司法書士事務所ワン・プラス・ワン

https://www.44s4-kobayashi.com/

関連記事

  1. 密かな大イベント
  2. 司法書士を広く一般の人に知らせるための
  3. 司法書士と成年後見業務
  4. 記憶力
  5. 苦い思い出
  6. もらえるものはもらいたい
  7. 大森→鵜の木
  8. ブラウズ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP