愛読書

『電車に乗って優先席が空いている時、

①何も考えずに座る、

②優先席が必要な人が現れたら譲るつもりで座る、

③座らない



大分前ですが、リッツ・カールトンの前東京支社長 高野 登さんのインタビューで聞いた、リッツ・カールトンの採用の基準の話。


③の人が集まると、素敵な組織ができる。



「空いていて、他に座る人がいないんだからいいでしょ。」

「必要な人が来たら、譲ればいいんでしょ。」



どちらも間違っていないと思いますが、本当に優先席が必要な人が電車に乗ってきて、優先席に①、②の人が座っている場合と、座っていない場合、どちらが気兼ねなく優先席付近にいけるか。

そこを考えられるかどうか。



この考え方は、コミュニティを作る土台になってます。


そして気が付いたら周りに③の人がたくさんいる(^▼^)


おおた助っ人の活動が、お陰さまで、うまく回っていいるのは、こういった素敵な人達に支えているからだな。



と、久しぶりに大好きな「リッツカールトンが大切にするサービスを超える瞬間」を読みながら思うのでした(^___^)



大田区池上 元八百屋の司法書士 小林 彰

司法書士事務所ワン・プラス・ワン

https://www.44s4-kobayashi.com/



関連記事

  1. 集まるのには訳がある。
  2. さ~て来月の♪
  3. 出口が見えるよう!
  4. 複数・異業種がなぜできるのか。
  5. 今度はいつのまにでなく
  6. 来週は「行列のできる専門家へのみち」
  7. 年内最後の相談会
  8. 振り返ってなんぼ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP