いつ買うの?との戦い


最近、毎週末には子どもの自転車練習に付き合っている私ですが、
実は私自身が自転車を持っていないんです。
も、もちろん(^_^;)、自転車には乗れますが、
もうかれこれ10年近く、我が家には大人が乗る自転車はありません。
大田区をベースに、地域に根付いて仕事や活動をしているものの、「ここは自転車だと行きやすいな~」と思うことはあっても、大田区池上という非常に恵まれた環境で仕事・生活しているせいか、別になくても何とかなっているのが現状です。
電車・バス、そして少しの車移動で何とかなるんですよね。
先日、不動産クリニックのSさんほか、専門家数人と話をしているときも、「都心部から少しでも離れると、徒歩30分(基本は最寄りのバス停までバス)は全然生活圏内だよ」という話が出まして、今の環境が恵まれていることを再認識いたしました。
きっと司法書士事務所ワン・プラス・ワンから歩いても、東京法務局城南出張所まで30分あれば着くと思いますし。
実際蒲田から歩いて戻っても30分あれば着きます。
でも自転車だったら、法務局は10分ちょっと、都税事務所は5分位かな。
蒲田も10分もあれば着くだろうしな...
逆に恵まれている環境だからこそ自転車が活きるんじゃないのとの話も...(^_^;)
結局、自分の中に「欲しい!」という強い欲求がないのでダメなんですよね。
の、乗れますよ..
大田区池上の元八百屋の司法書士 小林彰
司法書士事務所ワン・プラス・ワン
https://www.44s4-kobayashi.com/

関連記事

  1. 消費の真実
  2. 顧客との接点
  3. もったいないの解消法
  4. 環境づくり
  5. 連鎖
  6. 道具。
  7. もうそんな季節
  8. 信じがたい真実

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP