憧れの18番

憧れの18番。

blogにも何度か書きましたが、最近資格に「士」の付く侍業の専門家が集まって、月に一度フットサルをやっています。

そのフットサル、参加人数も順調に増え、この度チームでユニフォームを揃えることになりました。
デザインで選ばれたユニフォームはマンチェスター・シティ。

それぞれが自分の好きな背番号を、早い者勝ちで選んでるんですが、私の選んだ番号は18番。

マンチェスター・シティーの18番のあの選手に熱い思いが!!

あるわけでなく、つい背番号であったり、ロッカーの番号であったり、空いていると選んでしまうんです。そういう数字ってありませんか?

私は選んでしまうんです。
この方の番号を。

ロビーこと、イタリアの至宝 ロベルト・バッジョは、私にとっての永遠のファンタジスタ(*´∀`)
そのロビーがACミランにいたときの背番号が18。

アメリカワールドカップでのPK失敗のイメージが強い方もいるかもしれませんが、間違いなく最高のフットボーラーです。

ちなみに写真は先日ある学会に参加するために行った、外国特派員協会の外国人記者クラブ。

この写真を見れただけでも行って良かった!!
大人げなくドキドキしちゃいました。

大田区池上 元八百屋の司法書士 小林 彰

司法書士事務所ワン・プラス・ワン

https://www.44s4-kobayashi.com/

関連記事

  1. 危険な商売道具
  2. マネてなんぼ
  3. 人間は2つに分けられる
  4. 誰にでもあるはじめの一歩
  5. 連鎖
  6. 順序
  7. 4年半。
  8. どう防ぐ?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP