消費の真実


少し前にネットで他のものを見ている時に引っ掛かって、書店で探しても見当たらなかったのでアマゾンにて購入してみたこの本。


マーケットに対する考えだけでなく、地域を考える目線でも面白そうだなと(^◇^)

高齢者やママ世代のもったいないを活用できる場だけでなく、地域資源全体を活用できる場が大事ですもんね。

ヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体 (幻冬舎新書)/幻冬舎
¥819
Amazon.co.jp

私は、思いっきりビーバップハイスクール世代なので、本書の内容にへぇーと頷くばかりの内容でしたが、おそらく10歳、15歳下の世代ってこんな感じなんだろうなと。

司法書士の業務は、ほとんど全世代の全ての方々が潜在的なお客様。待ちの姿勢でなく、色々な動向をおいかけねば着いていけません。(^ω^)これも勉強。

ちなみに著書内でも取り上げられているテレビドラマ「はいすくーる落書き」は、大田区内で撮影されたりしてましたね。


大田区池上 元八百屋の司法書士 小林 彰

司法書士事務所ワン・プラス・ワン

https://www.44s4-kobayashi.com/

関連記事

  1. リスク。
  2. 目的は何?
  3. 憧れの18番
  4. また会えるかな
  5. 「等価」
  6. カレンダー通り
  7. 1年ぶり
  8. ゆとり世代

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP