相続税のかからない相続でも..

平成20年分の相続税の対象者となった被相続人は約4万8千人で、被相続人全体に占める割合(課税割合)は4.2%だそうです。平成22年度税制改正により、これからはこの比率は多少上昇するかもしれませんね。
相続税がかからなくても複数の相続人がいる場合などは、代償分割を活用するなど遺産分割の方法を工夫することで、先を見据えた大きな節税ができることもあります。このあたりは専門家の腕の見せ所です。是非協力させてください。

最近、新学期が始まってもランドセルのCMを見る機会が増えたと思いませんか。これはお祖父ちゃんお祖母ちゃん向けの、夏の孫の帰省に照準を合わせたCMだそうで、結構売れているそうです。我々が気付いていない、「見えていない需要」は意外とすぐ近くにもあるのかもしれませんね。

関連記事

  1. 変わる?商業登記と過料
  2. 3年前に死亡した父親名義の土地・建物相続
  3. 相続する土地を放棄したいのですが?
  4. いつの相続か、それが問題だ その1
  5. 相続人である「子」の戸籍の記載はどこに...
  6. 公証役場とは(渡瀬恒彦のアレです)
  7. 小規模宅地等の課税価格の特例の改正
  8. 道路の工事車両を所有の私道の通行禁止にできますか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP