追い風

小学校1年生から9年間剣道少年。

社会人は3年間、八百屋で毎日『いらっしゃいませ!』。



正直、自分でも時々「うるさい..」と思う、私の


昨年夏のおおた助っ人の勉強会では、先人に「彰さんは声ダダ漏れ」と悲しい指摘を受けるほど、エコでもないらしい。

そんな私ですが、最近とてもイイこと、というか追い風になることを耳にしました。



「大声を出すことは、脳細胞に酸素が回ってとてもよい」



もともとは、『「大声」を出す行為は成長期の子どもにとって、というか「脳」にとってとても大切なことなんです。』という日本脳力開発研究会さんの記事。


これは子どもに限らずの事で、大人であれば、カラオケで腹から声を出して歌うことで、血流も良くなり、脳への酸素の供給量も増え一石二鳥らしい。



脳への酸素の供給量が増えると、記憶力や集中力もアップ。
また脳への慢性的な酸素不足は、自律神経失調症・うつ病・不眠などの原因ともなりうるそうです。

ちなみに大声のお蔭か、全く不眠とは縁がありません。



それとこの仕事をしていると、声が大きいと、ご高齢の方とお話をする時に伝わりやすいというメリットも。



というわけで、みなさん、子どもの大声に腹を立てず、大人も負けずに大声出していきましょう(^◇^)

大田区池上 元八百屋の司法書士 小林 彰

司法書士事務所ワン・プラス・ワン

https://www.44s4-kobayashi.com/

関連記事

  1. さばけるもんだ
  2. 乗換可?
  3. Facebookのおまけ
  4. 異業種
  5. 年がら年中
  6. キャリアクリアリング
  7. どぜう?
  8. NO回転SUSHI

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP