異業種

先日、弁理士さんを紹介させていただいた阿佐ヶ谷のギターショップが先日オープン。

ちょっと覗いてまいりました。

http://lastguitar.com/


弁理士のTさん、早々のお手続きありがとうございました。

それにしても
126万円と63万円と126万円。


壁に展示された3本のギターの値段。

63万円でも十分高いと思うんですが(^_^;)


楽器に疎い私からは全く違いは分かりません。


一つの126万円は、ビンテージを超えた「アンティーク」の部類に入るギター、

もう一つの126万円は、職人が丁寧に「デコ?」った一品もの。確かに所々がキラキラしてました。


この見た目プラス、音の違いもあるようなんですが、

ごめんなさい、音を聞いてもおそらくわからないと思います。


以前、別の楽器屋さんで見たんですが、ギターって自動車と同じで

「商談中」って札が貼られるんですよね。

提示してある値段も交渉アリらしいです。



全く知らない業界のお店や常識を聞くのって楽しいですね。

そして全く知らない業界の方と話をしてみたら、意外な共通の知人がいたりして、とても楽しい体験でした。


実は、店長は従兄弟です(^◇^)


元八百屋 大田区池上の司法書士 小林 彰
司法書士事務所 ワン・プラス・ワン
https://www.44s4-kobayashi.com/

関連記事

  1. いつかなる
  2. 企画募集中
  3. 一体感と連帯感
  4. やっぱり癒しは『湯』
  5. 大田区の花見
  6. ..をやる理由
  7. 数少ない『先生』と呼ぶお方
  8. ケセラセラ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

PAGE TOP