19年間勘違いしてきて本当にすいませんでした。

日常的に相続のお手伝いをしていると、人様の戸籍謄本や住民票といった書類をそれはもうすごい数見ます。
ほんと、お腹いっぱいになるくらい。

 


名前って千差万別で、俗にいう『キラキラネーム』じゃなくても、読み方がわからない名前って結構あります。

直接の当事者でなければ、読み方がわからない名前でも困らないんですが...


名前の読み方を間違えるのはかなり失礼なので、「鈴木一郎」さんくらいどう考えても読み方を間違えなさそうな名前以外いつも「読み方」をうかがうようにしています。


 

それほど、職業柄もあって、名前には気を付けている私ですが、本日、驚愕の事実に直面してしまいました!

 


今日は、早稲田大学教育学部地理歴史専修のゼミの恩師 中島峰広先生の叙勲のパーティー。

瑞宝中綬章」だそうです。

元八百屋の司法書士 小林彰のブログ

この恩師によくしていただいたおかげで大学は卒業できたようなもの。

ゼミの成績もまさかの「秀」をいただいたりと、ほんと足を向けて眠れないほどの大「恩師」です。


 

ゼミ仲間内でも「なかじ」の愛称で親しまれていた先生、酒は飲めなくても酒の席は大好きという、もう御年80歳ですが、とても元気で素敵な先生です(^○^)

本日のパーティーも予想していたよりもかなり大きなパーティーで、さすが「なかじ」!人格者だな~と思っていた最中、飛び込んできた出席者の挨拶。

「え~、中島先生の『島』の字も正確にはこの島ではないそうで、また氏も『なかじま』ではなく、『なかま』でございますが...」

(〃゜△゜〃)えっ!



... なかしま!?


 


先生、「なかじま」ではなくて『なかしま』だったんですか!!

『なかじ』じゃないじゃん...(+_+)

もうかれこれ19年。

ずっと間違い続けていて、本当にすいませんでした<(_ _)>


しかも母校早稲田実業の教頭も私が生まれたころの時期に4年間務められていたという事実も判明。

縁があったんだなぁ~


先生、これからもよろしくお願いします!


元八百屋 大田区池上の司法書士 小林 彰
司法書士事務所 ワン・プラス・ワン
https://www.44s4-kobayashi.com/

関連記事

  1. 必要は発明の○○
  2. 司法書士の義務
  3. 無事1年経過しました。
  4. ネタ探し
  5. 司法書士のお仕事
  6. えさ
  7. キラキラ
  8. 11年もいれば

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP