段取り八分

「段取り八分(の仕事二分)」

仕事は、下準備がしっかりとできた時点で八割方終了。

もともとおおた助っ人の一級建築士さんから聞いた言葉ですが、大工さんの現場で使われていた言葉のようです。


仕事を進める上で、事前の準備がいかに重要かを表した言葉で、とても好きな言葉です。

我々司法書士の仕事も、この『段取り八分』が当てはまるケースがほとんど。

不動産の決済登記書類の調印しかりです。

段取りがビタッ!と決まっていると、すべてがスムーズに動き、いい仕事したな~と思えます。

例えば、

まだ雨が降っているのに、水たまりをなくすために水掃き作業をしたり、


雨が止んだか止んでないかの状態で、ベンチを拭き始めたり。

一見すると、『まだ早くないか?また雨が降り出したら無駄じゃない?』

と思われる行為を愚直にするところ、それが東京ディズニーリゾートです。

ほんのさっきまで雨が降っていたのに、外にあるベンチが乾いていて、すぐ座ることができる。

これってすごいこと(^__^)

これがシステムというより、マインドで浸透しているのってすごい。

これこそプロの仕事です。

私の業務上、外にあるベンチを拭くことはほぼないですが、座りたいと思った人がすぐに座れるように準備をしておく、お客さんが欲しいときに欲しいものの準備ができている、これってとても大事なことです。

サービス業は、相手の行動如何で展開がガラッと変わることがありますが、段取り八分+心構え十分。

これこそがサービス業の取るべき下準備。

今日は、「段取り八分」のその先を、東京ディズニーランドで発見しました<(_ _)>

恐るべし、東京ディズニーリゾート!勉強になりました!!


大田区池上 元八百屋の司法書士 小林 彰
司法書士事務所ワン・プラス・ワン

https://www.44s4-kobayashi.com/

関連記事

  1. 19年間勘違いしてきて本当にすいませんでした。
  2. 結局どちらでもいいのか?
  3. 住所をもって本籍とする
  4. これが七つ道具のうちの一つ? (その2)
  5. 司法書士事務所と商店会
  6. 司法書士の可能性
  7. お部屋探しはフフフフフ~ン♪
  8. 呼称、されど...

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP