年越しの銭

『宵越(よいご)しの銭(ぜに)は持たない』


意味)

その日に得た収入はその日のうちに使い果たす。金銭に執着しない江戸っ子の気性をいった言葉。(goo辞書 より)



「おうおうおうっ!こちとら江戸っ子でいっ、宵越しの銭なんて持ってられるかいっ!!みんな飲め飲めぇい!!」

ってな大盤振る舞いのお話ではありません。

今年の事務所稼働日も今日を含めてあと2日。


年末やお盆休みといった長期の休みが近くなって来ると、いつも以上に登記の完了書類の処理速度を上げます。


事務所休み期間に入る前になるべく重要書類はお客様にご返却。

もちろん事務所内できちんと保管はしておりますが、一種のリスクヘッジです。

勤務時代からそうしてるんですが、その方が気持ちが落ち着きます。



今年も年末に完了する登記の書類は今日の午前中までに一通り処理。

これで宵越しならぬ、年越しの重要書類の預かりは最小限に。


あとは年明けに登記完了するモノだけなので非常に気がラクぅ~(〃▼〃)



...と思っていたのですが、そうは問屋がおろさない。


ここにきて不動産登記オンライン申請の優れた面が本領発揮です。

年明けに完了予定が出ていた登記がまさかの予定日前完了(^_^;)

オンライン申請の場合、完了の報告がメールで届くのですぐに分かってしまうんです。


『登記があがれば、すぐに処理。』

当事務所の方針です。

これは明日も完了処理に追われそうな予感。

思うとおりにはいきませんね~


大田区池上 元八百屋の司法書士 小林 彰

司法書士事務所ワン・プラス・ワン

https://www.44s4-kobayashi.com/

関連記事

  1. 相続登記には期限がない!
  2. 衣替え
  3. 記憶力
  4. 司法書士を広く一般の人に知らせるための
  5. 失われた○○年
  6. 見たことない。
  7. 休んでみよう。
  8. 司法書士の可能性

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP