見たことない。

先日ある打合せ時のことです。

「解散の公告は、官報に掲載する必要があります。」

『へぇ~カンポウですか。見たことないですけど。』

そう、おそらく日本人のほとんどの人は官報を見たことがない(T▽T)

我々司法書士は、通常の試験合格者だと

①司法書士試験合格時

②司法書士登録時

③簡裁訴訟代理等関係業務認定時

の3回は最低でも官報にその名前が載ります。

簡裁訴訟代理等関係業務認定を受けてない場合は2回

司法書士以外の国家資格の場合もおそらく同様かと。

そういったこともあってか、例えば会社の債権者保護の公告を「官報に掲載」ということに対し、一般の方よりイメージがつきやすいです。

ただ、一般の方からすると、「『官報』?なんだそれ?」というのが普通でしょう。

ちなみに東京23区内で官報を買えるのは、

政府刊行物センター(千代田区霞が関)
東京都官報販売所〈東京官書普及(株)〉(千代田区神田錦町)

の2カ所だけ。全く身近ではありません。

そりゃ「『官報』?なんだそれ?」

になりますよね(^__^;)

ちなみに今は、

インターネット版「官報」

で直近30日分の官報をPDFファイルで配信しています。

そして30日より過去の官報を探したい場合は、

「官報情報検索サービス」

というサービスも。

ちなみに私の司法書士試験合格時のこれも

当時わざわざ神田の官報販売所まで行って買ってきました。

そうとう黄ばんできましたけどね(T_T;)


大田区池上 元八百屋の司法書士 小林 彰

司法書士事務所ワン・プラス・ワン

https://www.44s4-kobayashi.com/ 

関連記事

  1. 職務上請求書
  2. 司法書士と成年後見業務
  3. 司法書士の探し方
  4. 相続登記には期限がない!
  5. キラキラ
  6. 好立地
  7. だいこん・たまご・こんにゃく
  8. 司法書士の義務

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP