密かな大イベント

先週末の金曜日と土曜日。
東京は新宿区某所を中心として密かに大イベントが行われていました。
そのイベントとは、
東京司法書士会役員選挙
はい、すいません。一般の方にはあまり興味がない話題ですね(^_^)
ちなみに今回は、会長、理事、監事の選挙。
ただ、監事は候補者が選任すべき員数と同じのため選挙期日で当選だそうです。

司法書士に限らずですが、侍業と言われている業界の平均年齢は、どこを見ても、60代~70代と日本と同じく先輩方の多い、高齢社会。
その中でも、今回の東京司法書士会の理事選挙には私と同じ30代後半~40代前半の方も何人かいて、頑張ってほしいな~と思いつつ、自分もそういう歳になってきたのかな~と年齢を感じたりしておりました。
そしてこの大イベント、
なぜブログで取り上げたかというと、
なんと現職の会長が44票差で敗れ、新しい東京司法書士会会長が誕生したのでした。
私としては、応援していた、元大田支部の支部長が無事に再選を果たしたのはうれしい限りですが、どこかの国の政治のように、トップが2年で変わって全てゼロから、とはならないで欲しいな~と思う今日この頃なのでした。

元八百屋 大田区池上の司法書士 小林 彰
司法書士事務所 ワン・プラス・ワン
https://www.44s4-kobayashi.com/

関連記事

  1. なぜだめか?
  2. 平成23年度司法書士試験 最終結果発表!
  3. 商業登記所80庁
  4. ウ○ーリーを探せ。
  5. 相続登記には期限がない!
  6. できるかできないか、それが問題だ。
  7. お金の使い方
  8. 例に洩れず

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP