これが七つ道具のうちの一つ? (その2)

今回でやっと2回目となった、

「これが七つ道具のうちの一つ?」シリーズ。
前回のブログはこちらです。
http://ameblo.jp/44s4-kobayashi/entry-11215509040.html


---------------------------


1年365日、必ず私の仕事鞄に入っているもの、

司法書士の登録証登記申請印手帳


そして『これ』(+α)

元八百屋の司法書士小林彰のブログ-nikuchi

そう...『朱肉』

厳密には、朱肉を入れるモノなので、

『肉池(にくち)』

または 『印池(いんち)』 と言うそうです。


身内からのいただき物なのですが、
開業当時からなので、かれこれ4年半以上ずっと持ち歩いています。

100円均一などで売っているモノと違って、

乾くまで相当時間がかかるのが玉に瑕。


ただ、ご自分の印鑑をとても大切にされているご年配の方々には

とても喜んでいただけますよ~(^▽^)
専門職には、多くの機会のうちの一場面ですが、
当事者にとっては一生に一度か二度の大切な場面に
立ち会わせていただくことの多いこのお仕事、
どうせだったら良い思い出にしてもらいたいものです。

ちなみに、ボールペン万年筆もいつも

鞄に待機してます(^◇^)

ちなみに自分が業務で使っているのは、

書き味重視の『JETSTREAM(ジェットストリーム)』(三菱鉛筆)
これは気に入っていてもう3年位のお付き合い。

業界10年もやっているとこだわりも出てくるものです。


さて次の七つ道具はなんでしょうかね..

大田区池上 元八百屋の司法書士 小林 彰

司法書士事務所ワン・プラス・ワン

https://www.44s4-kobayashi.com/

印影の発色がとても良いのですが、

関連記事

  1. それが私にとっても生きる道
  2. 年越しの銭
  3. 求人難民
  4. サービス精神
  5. 建物明渡請求事件の実務
  6. 7月7日といえば
  7. 記憶力
  8. 「ブ」と「プ」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP