ホーム局の私書箱

本日、ホーム局である東京法務局城南出張所に登記の完了謄本を取得しに行ったところ、
「先生、1○番ですよ~」

という声がしたかと思うと、

別の方の「今日はまだなのよ~」との声が。
?なに?

そういえば、先日、東京司法書士会大田支部の支部長に、『法務局内の私書箱を使いたい』とお願いしたんでした。

最近は、登記簿謄本(登記事項証明書)を取得するとき、窓口で申請書を出す事はほとんどなく、圧倒的に多くなった、オンライン申請による取得。

事務所からオンラインで登記簿謄本の取得を請求でき、受取方法も、「郵送」、「法務局の窓口受け取り」を選択ができます。

そして、どちらを選択しても、法務局の窓口で「申請」してその場で受け取るより手数料が安い。
そりゃオンライン申請を使わない手はないですよね。
当事務所の場合、オンライン申請では、郵送での受け取りはほとんどせず、大抵、東京法務局城南出張所で受け取ります。

なんだかんだ法務局に行くことはいまだに多いもので(^◇^)

その受け取りは、確か「申請番号」と「通数」の書いてある書面を窓口に渡して、それと引き換えにオンラインで請求した登記簿謄本を受け取れる、そんな取扱いなんです。
その若干手間なやり取りをパスできるのが
「私書箱」~
今後、当事務所がオンラインで請求した登記簿謄本は全て、東京法務局城南出張所内にある当事務所が割り当てられたカギつき私書箱に投函しておいてくれるんです。

毎回、申請番号等が書いてある紙をプリントアウトして法務局に持っていく必要がない(^_^)
些細なことですが、結構楽になるかも。

私書箱がある...ホームっぽいですな~(^▼^)
大田区池上の元八百屋の司法書士 小林彰
司法書士事務所ワン・プラス・ワン
https://www.44s4-kobayashi.com/

関連記事

  1. 自動車運転免許証の更新
  2. プロの自覚。
  3. 建物明渡請求事件の実務
  4. 借地賃料の基準
  5. もはや職業病?
  6. 忘却は人間の救い
  7. 管轄法務局によって違うこと
  8. 失われた○○年

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP