顔が見える距離

知っている人、と知らない人どっちにお願いしたい?

顔が見える人、と見えない人どっちを信頼する。

これだけネット関係が充実した現代でも、一番の信頼関係は「会う」ことで築かれます。


もちろん、身近な人には相談したくないといった種類の話題もありますが、それよりも「信頼できる人にお願いしたい」という欲求の方がはるかに強い。

「多くの司法書士事務所にご利用いただいております」

「相続を専門にされている事務所には数多く…」

そんな電話をよくいただきますが、何となくスルー。

逆に一度飛び込みで事務所に来てくれると何となく話を聞こうと思ってしまう。


きっと、自分が大学卒業時に感じていた、「営業」というものに対するマイナスイメージってここにあるんだな~と思いました。それもいまだにかわらず。


デジタルの環境が整えば整うほど、アナログな関係が輝きを増します。

情報が増えれば増えるほど、信頼できる情報元の価値も上がるわけです。


大田区池上で始めて早1年9か月。

もっと大きな駅でやった方がいいんじゃないの?とか

そんなとこで大丈夫なのといった心配をよそに、今も変わらず元気に楽しくやっております。


そんなことを地元池上のお祭り、池上本門寺のお会式に参加しながら思うのでした。


大田区池上の元八百屋の司法書士 小林彰

司法書士事務所ワン・プラス・ワン
https://www.44s4-kobayashi.com/

関連記事

  1. 費用対効果の費用
  2. 嬉しかったこと
  3. 単独業種による相談会のその未来
  4. マネてなんぼ
  5. 道具。
  6. 今年一発目の
  7. 共通言語
  8. ゴロアワセ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP