うまい棒3本分。

31:7:3


24:9:8

今日は、午前中は10時から相談者の方が見えてたので、午後にたまってきた名刺を少し整理してみました。



本当に申し訳ないのですが、よほどのインパクトがない方でない限り、名刺を見ただけで顔を思い出せる方はいません。


となるとどこかのタイミングで名刺も処分せざるを得ないんです。

そうしないと誰だか分からない方の名刺がすごい数に(^__^;)



私が普段業務用に使っている名刺、持っているのは何種類かあるんですが、メインで使っている名刺は、1枚@30円。


うまい棒にして3本分。



そう考えると結構名刺って高い。

どうせなら捨てられないようにしたいものです。



私の今使っている名刺は、表面に写真、裏面には自己紹介が書いてあります。ただ色々考えると、名刺の裏表ではこの情報量で限界かなと思ってます。



そうそう、冒頭の数字。

31:7:3


これは、前回の勉強会に参加した専門家の名刺(41枚)の内訳


31 → 写真なし

7  → 写真あり

3  → 似顔絵あり


31名のうち、写真付きの名刺も持っている方も何人か知っていますので、写真と似顔絵を合わせると全体の3割~4割。



24:9:8


これは名刺の裏面の使い方の内訳


24 → 名刺裏面に情報あり

9  → 真っ白

8  → ローマ字、英字表記のみ


2割は名刺の裏側がもったいない気がします。



確かに名刺の目的は、名前、住所、連絡先等を相手に伝えること。

ただ、大量の名刺の中に埋もれて捨てられるのであれば、まだまだ名刺の使い方って工夫ができそう。


41枚の中で、特徴的だったのは、裏面も表面も書いてあることはそれほど変わりないんですが、「裏面の名前と電話番号がとても大きく書いてある」というもの。


この方は名刺を見せる多くの方がご高齢の方、というお仕事。

とても単純ですが、きちんと相手が見えている証拠です(^◇^)


うまい棒3本分、無駄にするにはもったいない。

大田区池上 元八百屋の司法書士 小林 彰

司法書士事務所ワン・プラス・ワン

https://www.44s4-kobayashi.com/

関連記事

  1. チンとニシキ
  2. 悩んだ挙句お世話になります
  3. べくして
  4. 飲み物の正解
  5. 当事者意識
  6. 看板メニュー
  7. カラオケから学ぶ
  8. 今年一発目の

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP