忘れようとしても忘れられない。

習うより慣れろなんてよく言いますが、

昔よくやっていたこと意外と身体が覚えているもんです。


最近実感した、昔遊びのこれもその一つ、

「あやとり」です。

私が覚えていたのは、

「ごむ」「4段ばしご」


何も見ず、考えなくても「ここを取って、ここをはずして」と、記憶を頼りにやってみたら難なくできました。


昔母親から教わりよくやってたのを身体が覚えてたんですね~

かれこれ、30年ほど前の習慣です(#^.^#)


子どもに教えてみると、思いのほかハマったので買ってみました。



『あやとり大全集』


色々あるんですね~


かなり強引なのもありますが、あやとりひも1本でこれだけのものを創れるのってすごい。

2人あやとりができると、子どもとの暇つぶしにもなりますし。

小学校時代に流行ったメンコやベーゴマ回し。

昔やった遊びって身体が覚えているもんですね~


大田区池上 元八百屋の司法書士 小林 彰

司法書士事務所ワン・プラス・ワン

https://www.44s4-kobayashi.com/ 

関連記事

  1. うまい棒3本分。
  2. 遠近
  3. 単独業種による相談会のその未来
  4. 相棒
  5. 「等価」
  6. リサイくる?
  7. チンとニシキ
  8. 2段、鰹節あり

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP