習うより慣れろ。

私が初めてスキーを体験したのは確か中学1年生の頃。

「ボーゲンとはこういうものだ!」とだけ教えられ、そのままリフトで連れていかれたのはなんと山頂。
長時間かけて自分でどうにかこうにか下りてきました。

今考えてもかなりスパルタですが、おかげでその日のうちに何となく滑れるようになりました。

まさに習うより慣れろですね。

教え方は確かにスパルタでしたが、 教えてくれた方がお上手な方だったので、変な癖もつかず、その後も大学3年まで楽しくスキーができました(^◇^)

スポーツに限らず、とりあえず実践を踏むことが良いケースって多々ある。

「納得の準備ができたら独立します!!」
という方に時々お会いしますが、大抵タイミングを逃します。
独立ということだけでなくそれ以外の事でも。

何事も準備は大事ですが、いざ始めてみないと見えない問題も山ほどあり、下手したら常に「準備ができたらやります!!」って状態になっちゃうこともo(T□T)o

今後やろうとしている、模擬セミナーと実践セミナーをうまく絡ませてやる企画もその一つ。

特に私は実践派なもので、ダメですね~本読んでるとすぐ眠くなっちゃいます(^-^;

大田区池上 元八百屋の司法書士 小林 彰

司法書士事務所ワン・プラス・ワン

https://www.44s4-kobayashi.com/

関連記事

  1. たまには大田区を離れて
  2. 当事者意識
  3. 環境づくり
  4. タイムリー
  5. 遠近
  6. カラオケから学ぶ
  7. 誰にでもあるはじめの一歩
  8. 優先順位

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP