合同会社を選択肢に

皆さんは、「さて会社を作ろう」と考えたときに、その選択肢に合同会社は出てきますか?

平成18年からスタートした合同会社の制度ですが年々件数は増加しており、平成20年末の時点で、清算中の会社を除く現存の会社数は335万社、そのうち株式会社は約140万社、特例有限会社が約182万社、合同会社は1万4000社もあります。近年の流れは、株式会社と合同会社が増加傾向にあります。

①役員の任期がない
②決算公告が不要
③設立費用が同規模で15万円くらい安い

是非、合同会社を選択肢に入れてみてください。

関連記事

  1. 登記簿謄本 大幅値下げ!
  2. 登記原因証明情報の登記の原因記述について
  3. 遺言書の有効範囲
  4. 会社手続、役員の登記の過料について
  5. 株式会社と合同会社どっちが得か!
  6. 遺留分の支払い
  7. 相続が開始する原因
  8. 個人事業か、会社設立か、さぁどっち!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP