合同会社を選択肢に

皆さんは、「さて会社を作ろう」と考えたときに、その選択肢に合同会社は出てきますか?

平成18年からスタートした合同会社の制度ですが年々件数は増加しており、平成20年末の時点で、清算中の会社を除く現存の会社数は335万社、そのうち株式会社は約140万社、特例有限会社が約182万社、合同会社は1万4000社もあります。近年の流れは、株式会社と合同会社が増加傾向にあります。

①役員の任期がない
②決算公告が不要
③設立費用が同規模で15万円くらい安い

是非、合同会社を選択肢に入れてみてください。

関連記事

  1. 土地の売買の登録免許税が上がる
  2. 使おう!株主総会決議の省略
  3. 錯誤登記の手続きと費用について
  4. 登記費用の妥当性を教えてください
  5. 抵当権の登記について質問です
  6. 遺言書の書き換えについて
  7. 登記原因証明情報の登記の原因記述について
  8. 富士通の取締役の辞任問題を考える

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP