クレジットカードの現金化業者初摘発

なぜ今まで摘発されなかったのかが不思議でしたが、今年8月、全国で初めて東京都台東区のクレジットカード現金化業者が摘発されました。警視庁生活安全部はネット広告を作成する業界やカード協会など計9団体に協力を要請し、本格的に悪質業者の広告や関連サイトの撤廃に乗り出したようです。
ここのところ消費者生活センターへの相談件数も増えているようですが、このクレジットカード現金化には①買取り方式と②キャッシュバック方式というのがあります。どちらもクレジットカードの会員規約に違反する行為であり(退会や一括返済をしなければならなくなる可能性がある)、場合によっては消費者自身が詐欺罪等に該当することもあります。
JR蒲田駅周辺にもまだまだ存在しますが、くれぐれも利用しないよう、周囲の方にも注意喚起をお願いいたします。

関連記事

  1. マンション共有名義の変更について
  2. 司法書士の記載ミスと銀行の確認ミスの責任は?
  3. 株式会社と合同会社どっちが得か!
  4. 監査役の業務監査権限と会計監査権限
  5. そうだ、遺言を書こう!
  6. こんな遺言公正証書はいかが?
  7. あてにしていた相続節税対策も使えない
  8. 遺言を書く人、書かない人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP