個人事業か、会社設立か、さぁどっち!

平成21年の会社設立登記件数は、82,271件だそうです(独立行政法人統計センター発表)。そのうち5,771件が合同会社、全体の約7%と増加傾向です。①役員の任期がない、②定款の自由度が高い、③設立の費用がとても安いなど、使いやすさが浸透してきた証拠でしょうか。
また、会社設立の件数自体は平成20年と比べると95%とやや減少しているものの、会社法施行前の平成17年と比べると、なんと約354%と激増しています。
 起業するときに個人か法人か、法人成りすべきかどうかなど、専門家の知識の見せ所ですが、最低資本金制度の撤廃は予想以上に会社設立の垣根を下げているようです。

関連記事

  1. 有限会社の倒産による代表取締役、および取締役
  2. もし民法が改正されたら...
  3. 監査役の業務監査権限と会計監査権限
  4. これからの成年後見
  5. 子供がいない場合の相続について
  6. 遺言を書く人、書かない人
  7. 抵当権抹消登記について
  8. 一円会社(確認会社)解散の危機

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP