司法書士制度生誕140周年!

8月3日。何の日かご存知でしょうか?
これは司法書士会が認めている、司法書士の誕生日。
明治5年(1872年)8月3日、太政官無号達で司法職務定制が定められ、「証書人・代書人・代言人」の3つの職能が誕生したそうです。証書人は現在の公証人、代書人は現在の司法書士、代言人は現在の弁護士にあたるそうです。
というわけで司法書士会界隈は、記念ピンバッチにシール、記念切手を作って140周年を大々的にPRしています。
ところで『140』という数字。キリがいいのか悪いのか。ほかの2つの職能、公証人さん、弁護士さんは特別騒いではいないような..、まぁそこが司法書士らしいといえば司法書士らしいのかもしれませんね。

関連記事

  1. 更正登記は義務なのか
  2. 取締役会のある株式会社の代表取締役の人数
  3. 相続放棄はいつ、どこまでするものですか?
  4. 株主総会の省略
  5. 道路の工事車両を所有の私道の通行禁止にできますか?
  6. 所有権移転登記の登記原因証明情報について
  7. 録音すると。
  8. ペットは「モノ」 (涙)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

PAGE TOP