一般財団法人の設立に関して

一般財団法人の設立を検討しています。
株式会社と比較してのメリット、デメリットを教えていただけますか?
財団法人は利益を社員に還元できないと聞いたのですが、
ボーナスを払うことはできないのでしょうか。
あと、おおよその設立費用についても教えて下さい。

よろしくお願いいたします。

小島

補足
間違えました。
「一般財団法人」ではなく「一般社団法人」でした。

一般社団法人を株式会社と比較した場合

メリット
 設立時の出資金が不要
 主務官庁の「公益認定」を受け「公益認定法人」になることができる
 一定の要件を備えれば税制上の優遇措置を受けることができる
 設立時の実費が少ない
 (登録免許税が9万円安い(最低額の場合)、定款の印紙税(4万円)が不要)

デメリット
 設立時の社員(構成員)は最低2人(株式会社は1人で可)。設立後は1人でも可
 剰余金の配当ができない
 法人に対しての持ち分がないので、将来株式会社上場などはできません

大きいところですと、上記のようなものが挙げられます。
一般社団法人は、事業に制限がありませんし(公益・共益・収益事業、なんでもよい)
理事に給与を支払うことができます(≠NPO法人 制限あり)。どういったことを行うかによって選択した方がいでしょう。ちなみに、どちらも急げば翌日にでも設立は可能です。

設立の実費の部分で言うと、株式会社は最低で25万円位、一般社団法人は12万円位かかります。(株式会社は電子定款認証という手続きを使うとマイナス4万円になります。)

当事務所の両法人の比較サイトをご参考下さい

評価・お礼

エボシさん
ご回答、ありがとうございました。
よくわかりました。

前向きに考えます。

関連記事

  1. ペットは「モノ」 (涙)
  2. 株主総会の省略
  3. 有限会社のような株式会社
  4. 抵当権抹消登記について
  5. 一円会社(確認会社)解散の危機
  6. 取締役会のある株式会社の代表取締役の人数
  7. 委託業務の解除について
  8. 相続について

アーカイブ

PAGE TOP