都会の梅園と梅酒

ご存じですか?

大田区の「区の花」は、『』なんですよ。

東急池上線、池上駅の”ぎりぎり”徒歩圏内にも

このエリアでは有名な「池上園」という梅園があります。

オンシーズンは結構な人が集まります。

そういえば、最近大田区で一番賑わってるものといえば、

NHK連続テレビ小説ちゃん先生」ですよね。

今は大田区のどこに行っても梅ちゃん先生一色。


また、大田区で必死に名物にしようとしている「大田汐焼きそば」

というものがあり、これにもカリカリが入っています。

大田区にとって、『』はキーワードなんでしょうね、きっと。

でもなんか弱い。どうしたらいいのでしょう...

そんな中、横浜にヒントを見つけました!

先日、当事務所にお越しくださった、行政書士のNさんからお土産に

いただいた梅酒。

元八百屋の司法書士小林彰のブログ

大倉山梅酒「梅の薫」
http://www.city.yokohama.lg.jp/kohoku/sinkou/umesyu.html
(横浜市港北区のサイト)

京浜急行 大倉山駅近くの大倉山公園の梅林の梅の実から

梅酒を作っているそうです。
しかもいただいたNさんの話だとかなり美味いらしい。


1991年に大倉山公園(梅林)開園60周年を記念して考えられたそうですが、

年間の販売本数も限定で、しかも決まったところでしか買えない。


実際作っているのは山梨県なんですが、

都会の梅林の梅を作った梅酒で、しかもそれが美味い!

ワクワクしますね~(≧▽≦)


地域の名産作り、ブランド作りってこういう視点すごくいいなぁ

がんばれ大田区!!


大田区池上 元八百屋の司法書士 小林 彰

司法書士事務所ワン・プラス・ワン

https://www.44s4-kobayashi.com/

関連記事

  1. 卒寿なんですね
  2. 本門寺松濤園
  3. 矢印式信号機
  4. 明星 高砂長寿味噌ラーメンを食らう
  5. どこに行くにもいい区 大田区
  6. 一体感と連帯感 その2 「大田区 平和の祭典」
  7. うまし&居心地よし
  8. 正月らしい過ごし方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP