キラーフレーズ

街を歩いていて、昔はバランスがよかったんだろうな~と気になることって多々あります。


特に目につくのが昔からある看板



このフレーズもきっと設置当時は需要と供給のバランスがよかったキラーフレーズだったんでしょうね。

元八百屋の司法書士 小林彰のブログ
「競輪開催日必営業」

「無理OK」

の質屋さん。


最初見たときは思わず、「なるほど~」と。


今日久しぶりにこの電柱看板の前を通ったら、


「競輪開催日必営業」の文字は無く


「無理OK」のフレーズのみに。



競艇全盛期の頃は、きっと絶大な需要があったんでしょうが、時は変わり、競艇客以外のお客さんのイメージを意識して外したのか、経営者の高齢化で『必営業』が適わなくなったのか。


理由は定かではありませんが、常設看板の内容も時々は精査が必要ですよね。キラーフレーズであればあるほど、賞味期限って短い気がします。


それにしても「無理OK」ってキラーフレーズなんだろうか?


大田区池上 元八百屋の司法書士 小林 彰

司法書士事務所ワン・プラス・ワン

https://www.44s4-kobayashi.com/

関連記事

  1. 「もやし」が起こす機会損失
  2. よく遊べ、よく遊べ、よく遊べ♪
  3. いつまでいけるか。
  4. ケセラセラ
  5. 水泳教室と富士登山
  6. 夏の風物詩
  7. 自己肯定感
  8. 盛者必衰

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP