テンカンリョク

毎朝池上本門寺を散歩していると、季節の移ろいを感じます。
春には春の、夏には夏の。秋には秋の風景が。
ついこの間までドングリがすごかったですね。踏みしめながら歩く感じでした(^_^;)
ここのところ冬の到来を感じるのが、木々から落ちる落ち葉。
日に日に量が増えてきます。
落ち葉を竹ぼうきで集め、それを集めて火を起こし、たき火で焼き芋。
私が子供の頃は見慣れた秋冬の風景ですが、最近は火の取り扱いに厳しい世の中。
花火同様簡単にすることはできません。
今の東京の子供たちはそういう風景を知らないんでしょうね。
そういえば最近の枯れ葉の掃除って、ほうきでなくブロアーと言われる道具で吹き寄せて集めるんですね。
知ってましたか?

RYOBI ブロアバキューム RESV-1000/リョービ
Amazon.co.jp

掃除機で吸うのではなく、掃除をしやすい様に吹いて集めてまとめて捨てる。
確かに、掃いて集めて捨てて、掃いて集めて捨ててを繰り返すのも大変ですもんね。
こういった発想の転換を繰り返して、今の便利な世の中が出来上がってきたんですね~
まぁ、お寺の枯れ葉の掃除が竹ぼうきでなくブロアーで行われてると、気持ち少しがっかりなところもありますが...
仕事にしても何にしても、既存の考えをぐるりと変える、発想の転換は大切だ(^◇^)

大田区池上 元八百屋の司法書士 小林 彰

司法書士事務所ワン・プラス・ワン

https://www.44s4-kobayashi.com/

関連記事

  1. 数少ない『先生』と呼ぶお方
  2. 『大人の社会科見学 in ○○』
  3. 異業種
  4. 「もやし」が起こす機会損失
  5. 目からうろこの考え方
  6. 一番好きなもの
  7. マイルドだろ~
  8. そうだ!座禅会をやろう!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP