みんなにやさしく

先日、「大森アートマップ制作による地域アートの発掘」というテーマの集まりに参加しました。


活発な議論の中で、「坂の多い大森というエリアの中で、弱視の方にも『坂』といったエリアの高低差が分かるような色分けなどの工夫が必要では」、というご意見が。


俗に言う「ユニバーサルデザイン」ですね。



週末に行った某大手スーパーイ○ンではこんなショッピングカートを見つけました。

元八百屋の司法書士 小林彰のブログ

「文字が小さくて原材料表示など読みづらい場合にご利用ください。」

とコメントのあるルーペです。


確かに食品の原材料表示って小さいですもんね。

多くの規制で表示しなければいけない情報がどんどん増え、その結果表示の字が小さくなる悪循環。


小さい字が見づらくなってきた方にはとても嬉しいサービスでしょう。

私がダイエーにいた頃には無かったサービスです。


昨日の年賀状の番号を使ったサービスもそうですが、いろいろ見ていると、司法書士の事務所でも使えそうなアイデアっていっぱいありますね~

まずは名刺の裏表の字の小ささをなんとかするか...

大田区池上 元八百屋の司法書士 小林 彰

司法書士事務所ワン・プラス・ワン

https://www.44s4-kobayashi.com/

関連記事

  1. 3年越しの..
  2. リーダーとはなんぞや?
  3. ある意味最初の『卒業』かも
  4. 気になって仕方がないもの
  5. これもやっぱり段取り八分
  6. やっぱり癒しは『湯』
  7. どぜう?
  8. 「もやし」が起こす機会損失

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP