クノハナ

大田区の「区の木」はクスノキ
区の鳥」はウグイス
では「区の”花”」?
『ウメ』です。
最近では『梅ちゃん先生』のイメージが強いですが、区のホームページによると
「クスノキと同じく昭和51年に区の花として制定されました。古くから大田区の土地になじみ、歴史的な由緒も深いウメ。花はせいそにして気品に満ち、早春、寒さに負けず咲くその姿は、 若い世代の人が多い大田区には特にふさわしいものとして制定されました。」
だそうです。私の生まれた翌年区の花として制定されたんですね
そこで大田区には梅の名所が多いのか?
と思って調べてみましたが、大きいのは池上梅園だけみたいです。
規模でいうと、新宿御苑より若干多くて370本。
東京23区内では2番目くらいに梅の木の多い梅園のようです。

そんな池上梅園
今日覗いてきましたが、見ごろまであと少しといったところでしょうか。
こちらの大田区のサイトで日々情報を公開しています。
池上梅園開花状況について(平成25年2月22日現在)
今思えば、昨年は梅祭りで人力車が出てましたね。
元八百屋の司法書士 小林彰のブログ
毎年梅祭りの時期は、満開の時期から2週~3週早いのは置いておいて、
池上本門寺周辺に人力車がいつもあったりするとなんかいいですよね。

「梅は咲いたか 桜はまだかいな」ではないですが、桜までまだ時間はありますのでここらで大田区の梅園でも愛でてみてはいかがですか(^○^)
元八百屋 大田区池上の司法書士 小林 彰
司法書士事務所 ワン・プラス・ワン
https://www.44s4-kobayashi.com/

関連記事

  1. 日本の夏
  2. 幸運の象徴!?
  3. 美味いものを食べているだけなのに、
  4. 縁起物
  5. ウエキイチ
  6. 最高のツール 「大田区報」(お詫び)
  7. 蒲田の風物詩は羽根つき餃子と...
  8. じわり

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP