2年間

昨日、平成26年1月21日で大田区池上に事務所を移して丸2年が経ちました。

多くの方に支えていただき、とても短く感じた2年間(^_^ゞ
いつも本当にありがとうございます。

といっても、その前は蒲田の司法書士事務所に約3年ほどいましたし、当時からおおた助っ人の活動はしていましたので活動エリアは大きく変わっていません、が地域に対する活動の深さが増した2年間だった気がします。

大田区の人口が約70万人。
大田区の司法書士の人数が約100人。

大田区は弁護士事務所が少ないなので、いくらこのインターネット社会、さらに電車ですぐに都心部に出られると言っても、まだまだ。

年配の方や行動範囲の広くない方からするとまだまだです。

認定司法書士に簡裁代理権が与えられるようになった背景には、都市部に集中しがちな弁護士さんと比較して、全国の法務局周辺にたくさんいる司法書士を上手く使おうという考えがあったそうです。

地方に限らず、都市部の司法書士にもそういった役割は求められていると思います。

都市部だからこそ、これからも周辺の弁護士さん、税理士さん、行政書士さん、一級建築士さん、宅地建物取引主任者さん、社会保険労務士さん、土地家屋調査士さん、FPさん その他多くの専門家と連携して地域を盛り上げていけると思います。

専門家も地域で存在感を見せる時代。
やっぱり顔の見える専門家っていいですよね(^0_0^)

これからもよろしくお願いします!

関連記事

  1. 夏の初体験
  2. 月に一度の朝の楽しみ
  3. 弱みを活かす
  4. あっという間の2か月
  5. 地域活動の..
  6. 本当のワンストップがあります。
  7. 助成金の交付が決定したから言えること(その2)
  8. ラッキースポット

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

PAGE TOP