もったいないの解消法


今日は朝10時から当事務所である企みについての第1回の打合せ。

司法書士とは直接は関係ありませんが、間接的には関係のある、

「地域の『もったいない』をどう解消するか」について


簡単に言うと、専門的なスキルや知識、経験をもつ、子育て中のママを筆頭とする地域の財産(人材)を「仕事」の場でどう活かして、つなげて、地域を活性化していくかという話です。

作るべきは、情報を集めマッチングする仕組み。

大田区という小さい(と言っても大きいですが)エリアで考えるから成り立つ仕組みがきっとあるはずです。

だまだ本日はブレストでしたが、とても楽しくなりそうな予感です(^◇^)
それにしても、今日「共働きが与える心の余裕が旦那さんの心を軽くする」という話を聞いたのですが、そういう観点はなかったのですごく勉強になりました。
共働きが「リスクヘッジ」になるとはな~
確かに、
「女性は子育て」
「男性は家族を養えるぐらい稼ぐ」

という考え方に縛られ、真面目な人ほど追い込まれてしまう昨今。

その責務を一人で背負わなくていいと思えれば、違う景色が見えてきそうです。


自分勝手にではなく、自分たちが楽しく生きていけるオリジナルの答えを探せるのが一番だ。

やっぱり全く違う業種の方との話はとても勉強になりますね~(^__^)


大田区池上 元八百屋の司法書士 小林 彰

司法書士事務所ワン・プラス・ワン

https://www.44s4-kobayashi.com/

関連記事

  1. また会えるかな
  2. mottainai
  3. リスク。
  4. 信じがたい真実
  5. リサイくる?
  6. 指定管理者の質
  7. 73円(税込)
  8. どっちもどっち

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP