自己満足でいい。


「自分は役にたっている」と実感するのに、
相手から感謝されることや、
ほめられることは不要である。
貢献感は「自己満足」でいいのだ。
出典元:「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」
解説者:小倉広 発行所:ダイヤモンド社
周囲を見ずに間違った方向に貢献するのは困ったもんですが、
(周りでも時々見受けられますが)
相手に依存せず、自分で勝手に感じる貢献感。
相手から感謝であったり、評価を求めないので、他人に依存しなくていい。
今年の正月にガラケーに書き込んだ今年やりたい事。
①「心理学」
②「英語」
③「歌」
④「ギター」
不思議なものでそう決めるとそういう流れができるもの。
同業のSさんのFBの書き込みがきっかけで読んだ「アルフレッド・アドラー」の『嫌われる勇気』。
これこそが!と心にズンと響き、少しずつアドラー心理学関係の書籍を増やして読んでいます。
フロイト、ユングと並ぶ心理学の巨人でありながら日本での知名度の低いアドラー。
ところがどっこい、学べば学ぶほど頷くことばかり(^▽^)
すごいですよ~
元八百屋 大田区池上の司法書士 小林 彰
司法書士事務所 ワン・プラス・ワン
https://www.44s4-kobayashi.com/

関連記事

  1. 毎日が勉強
  2. 習うより慣れろ
  3. ”みんな”詐欺には気を付けよう
  4. 人で繋がる金融機関
  5. マネてなんぼ
  6. 当事者意識
  7. 顧客との接点
  8. どう防ぐ?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP