有限会社の解散

有限会社を解散させたいのですが昨年より下請け業者と代金支払いの金額が合わないため裁判中ですが解散は可能でしょうか?

いちにさんさん (三重県/43歳/女性)

解散はできます。
任意に解散すると当事者の申請により登記簿に解散の旨が登記されます。

ですが、解散しても法人格はなくなりません。
通常、法人格がなくなるには、解散後清算手続(債権者への通知・公告、残務処理、債権の回収、債務の支払いなど)を経て、そのあとで財産が残るようなら、株主(有限会社の社員)に残余財産の分配をします。そういった手続きを完了しないと最終的に法人格が消滅しません。

しかし、その会社が裁判中の場合は、上記手続きを踏んでも、清算は完了しないとされているので法人格は消滅しません。

関連記事

  1. 賃貸住宅の更新料問題のその後
  2. 経営承継円滑化法の活用しよう
  3. 取締役会のある株式会社の代表取締役の人数
  4. 遺産分割の遺産の範囲
  5. 相続人がいません...
  6. 親仕事を継いだが資産がない
  7. 司法書士制度生誕140周年!
  8. 違いの分かる『会社の登記簿謄本』の読み方 その1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP