会社法の勘違い

施行から丸3年以上経過した会社法ですが、最近耳にする基本的な勘違い、思い違いをいくつかあげてみます。

○ どの会社も監査役なし、取締役1人の会社にできる!

→大前提として、全ての株式に譲渡制限が付いている会社でなければダメです。また既に取締役会がある場合もその旨を変更しなければダメです。資本金5億円以上または負債総額200億円以上の大会社もできません。

○ どの会社も取締役の任期を10年に延ばせる!

→これも、全ての株式に譲渡制限が付いている会社でなければダメです。

○ 取締役会を廃止する時は、取締役の人数を減らさなければいけない!

→そんなことはありません。取締役会を廃止すると取締役の最低人数が3名から1名になるだけです。

未来の2つより現在の1つです、着実に進めましょう。

関連記事

  1. 承継問題は対岸の火事ではない
  2. 子供がいない場合の相続について
  3. 株式会社と合同会社どっちが得か!
  4. 更正登記は義務なのか
  5. 株主総会の省略
  6. そうだ、公証人役場に行こう
  7. 相続人である「子」の戸籍の記載はどこに...
  8. 個人事業か、会社設立か、さぁどっち!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

PAGE TOP