会社法の勘違い

施行から丸3年以上経過した会社法ですが、最近耳にする基本的な勘違い、思い違いをいくつかあげてみます。

○ どの会社も監査役なし、取締役1人の会社にできる!

→大前提として、全ての株式に譲渡制限が付いている会社でなければダメです。また既に取締役会がある場合もその旨を変更しなければダメです。資本金5億円以上または負債総額200億円以上の大会社もできません。

○ どの会社も取締役の任期を10年に延ばせる!

→これも、全ての株式に譲渡制限が付いている会社でなければダメです。

○ 取締役会を廃止する時は、取締役の人数を減らさなければいけない!

→そんなことはありません。取締役会を廃止すると取締役の最低人数が3名から1名になるだけです。

未来の2つより現在の1つです、着実に進めましょう。

関連記事

  1. 所有権移転登記の登記原因証明情報について
  2. 遺言書の書き換えについて
  3. 親仕事を継いだが資産がない
  4. 相続法の歴史
  5. 個人間での金銭借用について
  6. 決算報告書の公示について
  7. 建物の登記と相続について・・・・・
  8. 変わる?商業登記と過料

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP