ペットは『物』?

「あなたは猫派?それとも犬派ですか?」
永遠のテーマですが、私は猫派です。先日、愛玩動物(ペット)に関する訴訟の第1人者の弁護士が講師を務めるセミナーに参加しました。ペットは法律上『物』であることは知られていますが、近年このペットを取り囲む裁判事情も変わってきているそうです。
目立つのは損害賠償額の高額化。ペットが死亡した事例では総額100万円以上の損害賠償が認められた例もあるそうです。ただ悲しいかな、いまだペットに対し、『物』としての認識しかない裁判官・弁護士は数多くいるそうです。
相談する時は、ベストな相手を選ぶことが大切ですね。

関連記事

  1. マンションでの駐車場の落下物
  2. 『調整割合』をご存じですか?
  3. 一円会社(確認会社)解散の危機
  4. 『登記懈怠』と『選任懈怠』、さぁどっち?
  5. 代表取締役および取締役の辞任について
  6. 承継問題は対岸の火事ではない
  7. そうだ、公証人役場に行こう
  8. 地目変更後の所有権移転登記

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP