助成金の交付が決定したから言えること(その2)

 平成21年度から大田区区民活動積立基金など、区民や事業者の皆様から頂いた寄付金を原資とした基金を、「地域力応援基金」として再編し、新たな助成事業を実施しております。
 福祉、環境、まちづくりなど、区民を対象とし、公益性が認められ、社会貢献につながり、広く地域に開かれた非営利事業に対して助成金を交付いたします。(大田区のサイトより)
http://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/chiiki/katsudou/tiikiryoku_ouenkikin/startup_jyosei/start/index.html

前回ブログに載せた、その1に続き、今回初めて経験した助成申請( 『地域力応援基金助成事業(スタートアップ助成)』 )の手続きについて書きたいと思います。

ネクストステージ(面接編)

4月23日に助成申請をし、その申請が1次審査を通った連絡があったのが5月22日位。

1次審査を通った団体の次のステップは5月27日の面接審査。

当初から日程は公開されていましたが、かなりタイトなスケジュール。

しかも面接の時間は完全指定、変更不可(T_T)

ちなみに助成申請の書類審査は、大田区区民協働推進会議委員及び、同会議で承認を受けた区の管理職が担当されたそうです。

当初は担当する理事2名で面接に臨む予定だったんですが、スケジュール調整が出来ず、面接には私と担当理事の若杉さんで、華があった方がいいんじゃないのかなと思いながら参加。

面接時間は全部で15分。

最初の5分が事前にもらった『書類審査における質問事項及び審査員意見についての応答』、

それ以外の時間はは4名の審査委員からの質疑に応えます。

時間については大田区の担当者が『(残り)何分』というプレートを掲げ教えてくれました。

ラウンドガールみたいな感じです。

5分間という時間はとても短く、多少グダグダ感は否めませんでした...

申請書の内容だけでは届けられなかった思いを届けられたかな。

4名の審査員からは否定的な質問もありましたが、この新しい取り組みに全体的に好意的な感じでした。やっぱり最初の申請書類が重要なんでしょうね。

(では)

大田区の元八百屋の司法書士 小林 彰

ちなみに今回の助成金の申請事業である『チームでお助け無料相談会』

異業種・複数の専門家がチームを組み、一人の相談者の問題に多角的に取り組み

交通整理・解決への道探しを行うという事業。


例えば、相続で悩んでいる方に、弁護士・司法書士・税理士などがチームとなって

相談にのったりします。それぞれに別個に相談するより3倍の効果が期待できる(ハズ)。

関連記事

  1. 助成金の交付が決定したから言えること(その1)
  2. 最高のツール 「大田区報」(お詫び)
  3. 3年経過
  4. 年越しの準備
  5. 大田区で一番有名な
  6. 久しぶりの大田区の名店
  7. テイクアウトプリーズ
  8. 都会の田舎

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

PAGE TOP