筆記試験合格発表②  予想外でした

昨日からのつづきです。


昨日のブログはこちら
『筆記試験合格発表①  成績通知と思ったら』
http://ameblo.jp/44s4-kobayashi/entry-11369529204.html

平成16年の9月末に発表された司法書士試験筆記試験の合格発表から遅れる事1週間ほど。

実家で姉から手渡された、法務局からの封筒。

いつもの成績通知のつもりで、軽~い気持ちで開けてみました、

(・_・)......?!
(つд⊂)ゴシゴシ
(゚ ゚)...


(つд⊂)ゴシゴシ

( ゜_゜;)!!!


その中身は、筆記試験の合格者にだけ届く、

確か10/13に開催された)『口述試験』の受験票


何せ平成16年7月の第一日曜日に受けた司法書士試験筆記試験の感想は


『今年ダメだったな~(T_T)』



だったものですから、そこで私に浮かんできた考えは..


『これ間違いじゃないか?』


相当後ろ向きですね~(^_^;)

で私がすぐに取った行動は、東京法務局の総務課直電話


私) すいません、司法書士試験筆記試験の合格通知が届いてたんですが、これ合格したってことですかね?


担当者) 調べてみますね、受験番号何番ですか...そうですね合格です、おめでとうございます。


私) ...ありがとうございます

ここで初めて合格したんだ~!!という感覚がじわじわと


一緒にいた家族に報告後、その後当時一番お世話になっていた事務所のM先輩に報告を。
誰かに「おめでとう!」と言われるとだんだんと実感がわいてくるわけですよ!!



と喜んでいるのもつかの間、すぐ10/13に口述試験があるじゃん!!

※口述試験とは、筆記試験合格者が受ける面談で行われる、2次試験のようなもの。


「行けば誰でも合格する」との噂も囁かれていた口述試験ですが、いざ自分が受ける立場になるとそうは言っても不安なもので、


ただ筆記試験の合格発表から1週間は経過していたため、各受験予備校の口述試験対策講座は軒並み終了か予約受付終了。
色々連絡して、なんとかぎりぎり早稲田セミナーの講座に滑り込めました。


そしてその口述試験も無事にパスして今に至るわけですよ。


司法書士業界も今年11年目。色々な方のお陰で何とかやっていけてますが、

今から8年前のちょうどこの時期、大田区でも人知れずそんなドラマがあった訳です。



大田区池上 元八百屋の司法書士 小林 彰

司法書士事務所ワン・プラス・ワン

https://www.44s4-kobayashi.com/

関連記事

  1. インプット
  2. まさかの品切れ。
  3. きっとこれも気持ち次第
  4. 苦笑い
  5. ○○に勝るものは無し
  6. 男前
  7. ベストなサイズ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP