追い抜かれる日が見えた気がした日

確か私が初めて携帯電話をもったのが21歳の冬。

以前ブログにも書きましたが、買ったのは長野県の乗鞍温泉高原スキー場でのプチホテルでのリゾートバイトのため。


(結局、Docomoの800MHzも全く電波が届かず、無駄な出費でしたが(+o+))


その時からすでに16年以上が経過し、今では子どもも携帯電話を持つ時代。


そして我が家にも、とうとう来ました「キッズ・ケイタイ」

元八百屋の司法書士 小林彰のブログ

このぐらいの歳から携帯を持つことにも賛否はあるんでしょうが、今回は色々と必要があってのデビュー。


それにしてもこれくらいからケイタイを持ち始めたら、そりゃあっという間に、携帯の使い方を子どもに教えてもらえるようになるんだろうな。


さっそくプールの上の級に合格したお知らせがメールで到着。

ちなみに私の母は、齢65歳にして、iphoneを使いこなし、LINEやfacebookもしっかり。

油断していると、孫と祖母の携帯会話についていけなくて、スネル父になりそうです(*_*)


いまだに携帯はガラケーですが、頑張ろう!(^__^;)


大田区池上の元八百屋の司法書士 小林彰
司法書士事務所ワン・プラス・ワン
https://www.44s4-kobayashi.com/

関連記事

  1. 最初はかなりしんどい「ドタキャン」
  2. 毎年高鳴るこの想い
  3. インタビュー
  4. 忘れようとしても忘れられない。
  5. アシタヤロウハバカヤロウ
  6. 今となっては
  7. 3月恒例
  8. 嬉しかったこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP