登記の原因


東京司法書士会は、東京登記実務協議会対策委員会において、登記実務の不統一事例問題等について、東京法務局と定期的に協議をしてます。


不統一事例とは、同じ東京法務局管内の出張所間で、同じ内容の申請にもかかわらず(不動産は違います)、A出張所では登記ができ、B出張所では登記ができない状態のことです。

こういった取り扱いは実務の現場で非常に困ります(T_T)

その平成21年度東京登記実務協議会結果の一コマ


相続登記における登記原因の記載について


Q1.相続による所有権移転登記申請につき、被相続人甲の除籍謄本中、甲の死亡年月日記載事項が「推定平成  年  月   日死亡」とあった場合、登記原因は、「推定平成年 月 日相続」と記載しなければならないのでしょうか?


→ 貴見のとおり。

このケースの場合は、登記の原因として、例えば「推定平成26年4月7日相続」と記載されます。


これは5年前の協議結果。
登記だけではないですが、相続業務はやればやるほど奥が深いです(^_^)

日々勉強勉強ですね~



元八百屋 大田区池上の司法書士 小林 彰
司法書士事務所 ワン・プラス・ワン
https://www.44s4-kobayashi.com/

関連記事

  1. 印紙不足注意報
  2. タガタメ
  3. 苦い思い出
  4. 慣れないドキドキ
  5. 略しちゃってもいいですか?
  6. 45分では語りつくせない
  7. また変わる。
  8. 初めの一歩

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP