土地登記料の妥当性

初めて質問いたします。
親の土地の件ですが
今まで、借地(約250坪 埼玉県川口市)に住んでおりましたが
借地料が高いため、支払い続けることが不可能となりました。
地主と裁判で和解し、約1/3の土地をもらえることになりました。
地主側の司法書士から、土地の登記料が153万円(明細は見ていないため不明)
との連絡を受けました。
あまりにも高いため、相場的に妥当なのか御教示願います。

とっつあんさん (群馬県/40歳/男性)

お答えいたします。司法書士の小林 彰と申します。

まず他の回答者の方の回答にあるように、現在司法書士の報酬は自由化されており、
それぞれの司法書士によって異なります。ただ、実際はほとんどが平成14年当時の
司法書士報酬規定に準ずる形でそれぞれの司法書士が報酬金額を算出しています。
2008年に司法書士に報酬に関するアンケートを実施した結果が公開されています
のでご参考になってみてはいかがでしょうか。
http://www.shiho-shoshi.or.jp/about_shiho_shoshi/remuneration/index.html
(日本司法書士会連合会のサイト)

和解をされてのお手続きということですので、和解の内容によっては登記は地主の
指定する司法書士とされていることもあると思います。その辺りを確認され、可能で
あればとっつあんさんが司法書士を指定することもできるかもしれません。
まずは地主側の司法書士に登記費用の概算見積りを出させましょう。

選ぶなら損をさせない 熱き心の司法書士 小林 彰

関連記事

  1. 私が相続手続に力を注ぐ理由
  2. 公証人の知恵袋
  3. 未納賃貸料を請求されました。
  4. 司法書士の記載ミスと銀行の確認ミスの責任は?
  5. ローン借入と居住開始の年
  6. 遺言を無効にさせないために
  7. 増加する「競売」と「任意売却」
  8. 抵当権抹消登記について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP