未納賃貸料を請求されました。

知人から頼まれて出資し、株式会社の代表取締役になりました。
とは言っても、名前だけで、この会社の経営や営業に関わったことはありません。
その後1年ぐらいは営業していたみたいですが、平成17年実際に経営していたその知人(取締役)が会社をほったらかしにして逃げてしまいました。今も行方は分かりません。
それで、昨年10月に、平成17年からの未納テナント料150万円を、不動産会社が代表取締役である私に請求してきました。
しかし、賃貸契約書を見ると、
賃借人:会社
連帯保証人:取締役である行方不明の知人
となっていました。
この場合、代表取締役である私に、未納賃貸料150万円を支払う義務や責任はあるのでしょうか?

どうぞよろしくお願い致します。

k223さん (福岡県/42歳/男性)

原則的に代表取締役だからといって、保証人にでもなっていない限り、会社の賃貸借契約の債務について、弁済の責任を負うものではありません。
しかし、たとえ名前を貸しただけで、経営にタッチしせず、報酬さえもらっていなかったとしても(いわゆる『名目取締役』)、会社の「債権者に対する責任」(第三者責任)を負わさせられることがあります。(参考:最判昭47・6・15、最判昭55・3・18など)
会社の解散・清算も含め、早急に専門家をはさんで対処されてはいかがでしょうか。

評価・お礼

k223さん
そういう事もあるんですね。
大変為になりました。
ありがとうございました。

関連記事

  1. 取締役会のある株式会社の代表取締役の人数
  2. 登記簿謄本 大幅値下げ!
  3. 『登記懈怠』と『選任懈怠』、さぁどっち?
  4. 専門家集団、一般社団法人おおた助っ人 現る
  5. 遺産分割を無駄にしないために
  6. 中古マンション登記費用
  7. 遺言を書く人、書かない人
  8. 相続法の歴史

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

PAGE TOP