あなたにも遺言ができる! ...かも

自筆であれ、公正証書であれ、遺言をするには遺言能力が必要です。遺言能力とは遺言の内容を理解し、遺言の結果を弁識し得るに足りる能力であればよく、民法は満15歳を基準としています。身分行為なので通常の取引行為より低い程度の能力でも足り、未成年者でも可能なんですね。
ただ、障害や痴ほう症などで「意思能力」が無い者の遺言は無効。タイミングもあります、くれぐれもご注意くださいね。

関連記事

  1. 相続法の歴史
  2. 夫の社宅での起業
  3. 遺産分割を無駄にしないために
  4. 確かに自転車はエコだけど...
  5. 7年前の支払いについて
  6. 遺言を書く人、書かない人、あなたはどっち?
  7. 変わる?商業登記と過料
  8. 名義変更の費用と手続きの仕方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP