あなたにも遺言ができる! ...かも

自筆であれ、公正証書であれ、遺言をするには遺言能力が必要です。遺言能力とは遺言の内容を理解し、遺言の結果を弁識し得るに足りる能力であればよく、民法は満15歳を基準としています。身分行為なので通常の取引行為より低い程度の能力でも足り、未成年者でも可能なんですね。
ただ、障害や痴ほう症などで「意思能力」が無い者の遺言は無効。タイミングもあります、くれぐれもご注意くださいね。

関連記事

  1. 遺言執行者
  2. 遺言書の書き換えについて
  3. 遺言を無効にさせないために
  4. 違いの分かる『会社の登記簿謄本』の読み方 その1
  5. 『(相続財産の)国債は当然に分割されるのか?』
  6. 遺産分割を無駄にしないために
  7. 代表印の印鑑登録は簡単に可能ですか?
  8. 有限会社の倒産による代表取締役、および取締役

アーカイブ

PAGE TOP