変わる法務局

東京法務局目黒出張所が平成24年6月11日(月)をもって、渋谷出張所に統合されました。目黒区内の不動産、法人の登記事務は、今後渋谷出張所で取り扱うのでご注意を。
大田区鵜の木にある東京法務局城南出張所も、かつてJR京浜東北線の大森にありました。登記所(法務局)の周りには多くの司法書士事務所がありますので、法務局の移転、統廃合は周辺司法書士からすると死活問題です。今回の目黒出張所の統合もここに至るまで相当もめたようです。
日本全国の不動産登記簿謄本が原則情報交換サービスによりどこの法務局でも取得できるようになって久しいですが、最近は地図等についても情報交換システムエリアが拡大しています。ご存じの方が少ないんですが、実は普及率は、平成24年7月2日時点で全国で約78%だそうです。
ちなみに地図等とは、これらの図面のことです。
①地図及び地図に準ずる図面 ③建物図面,各階平面図
②土地所在図,地積測量図 ④地役権図面
これらの図面が管轄法務局以外でも取得できます。実に東京法務局エリアでも11の法務局・出張所で可能です。
本局不動産登記部門 練馬 出張所
新宿 出張所 多摩 出張所
墨田 出張所 田無 出張所
港 出張所 渋谷 出張所(H24.7.2から)
中野 出張所 板橋 出張所(H24.7.2から)
城南 出張所         の11箇所
商業・法人登記については、今は東京を除いて一つの県内で登記事務を取り扱っているのは数か所だけ(神奈川県は横浜地方法務局本局と湘南支局だけ)。オンライン登記申請の件数も年々増えていますので、いずれ司法書士もほとんど法務局に行かなくなる日が来るのかもしれません。

関連記事

  1. 遺産分割を無駄にしないために
  2. 税制優遇を受ける一般社団法人
  3. 賃貸住宅の更新料の条項は無効という判決
  4. 株券を地震で紛失
  5. 専門家集団、一般社団法人おおた助っ人 現る
  6. 監査役の業務監査権限と会計監査権限
  7. 代表印の印鑑登録は簡単に可能ですか?
  8. オンラインによる所有権保存登記の登録免許税の控除

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

PAGE TOP