代表メッセージの添削①

おおた助っ人の勉強会「第12回行列のできる専門家へのみち」で先人を

ご担当いただいた物語ライティングの大隈さんに

司法書士事務所ワン・プラス・ワンの代表メッセージを添削していただきました。

とりあえず前半部分のみ

<代表メッセージ>

はじめまして、司法書士事務所ワン・プラス・ワンの小林彰です。

当事務所は、2012年1月「あなたと一生のお付き合い」をモットーに

開設いたしました。
元八百屋』の私がなぜ司法書士か、まずはその思いをぜひ聞いてください。

八百屋から司法書士への転身

「八百屋の楽しさと物足りなさ」

大学卒業後、漠然と「営業」という職種に抵抗があった私が就職したのは

スーパーの八百屋さんでした。

毎日朝から晩まで「いらっしゃいませ」で多くの人に接する仕事は

とても楽しいものでした。

ただその仕事を続けるにつれて増えていったのは、もっと人の役に立つ

仕事がしたい、もっともっと人との距離が近い仕事がしたい、

地域に根付けるような仕事がしたいという思いでした。


「一つのきっかけとなった祖父の相続」


当時、スーパーの八百屋だった私はまったくの蚊帳の外でした。

一度火がついた親族である相続人の争いは、裁判所内外で揉めに揉め、

結果残ったのは叔父側の親戚との完全な決別。

どうしてこんなことに?叔父側にもっと身近に相談できる相手がいれば

こんな風にはならなかっただろうに...


「そこで出会った『司法書士』という仕事」


「街の法律家」、「登記、相続、供託、訴訟のサポート」、司法書士の

業務内容を資格専門誌で見て、最初はあまりピンときませんでしたが、

調べれば調べるほど、これは多くの人の役に立てるのでは!という思いで

ドキドキしました。
<後半に続く>

代表メッセージって難しいですね~

大田区池上 元八百屋の司法書士 小林 彰

司法書士事務所ワン・プラス・ワン

https://www.44s4-kobayashi.com/

関連記事

  1. やはりITは怖い...かも
  2. 好立地
  3. 呼称、されど...
  4. ○○に勝るものは無し
  5. お部屋探しはフフフフフ~ン♪
  6. 懐かしの風景
  7. 青は藍より出でて藍より…
  8. 休眠会社の整理

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP