一番最初に決める一番大事なこと

「商号と本店所在地は決まってますか?」

会社設立のお手伝いをさせていただいている時の一場面です。

会社法時代になって、類似商号に関する規制が廃止されたものの、新会社の商号(会社の名前)については、インターネット・登記情報での確認や、登録商標の確認をします。

会社の名前と住所が決まらないことにはその調査が進みません。

ちなみに、会社法施行前までは、同一市町村内において登記されている商号と同一の商号、類似する商号は使用することができませんでした。

現在は、目的の如何を問わず、同一住所、同一商号の登記だけ禁止されています。

私も設立時のメンバーと「一般社団法人 おおた助っ人」の名称を決めるにあたり、何度も話し合い、悩みに悩んだのでよく分かりますが、一番最初に決める「会社の名前」が実は一番悩むんですよね。

元八百屋の司法書士 小林彰のブログ

名前に込めるのは、色々な「想い」「メッセージ」

もちろん音としての「響き」も大切です。

「覚えやすさ」も大切かも。

設立後に事業目的を追加することや会社の住所を変更することは、比較的簡単にできますが、設立後に会社の名前を変えるっていうのは大ごとです。

おおた助っ人も、今では大田区の職員さんからも

「すけっとさん」呼ばれたりすることもあるくらいですから、

時間が許すのであればとことん悩みましょう(^▽^)

何をするかという目的ももちろん大切ですが、会社の名前にも「物語」があるのって素敵です。


大田区池上 元八百屋の司法書士 小林 彰
司法書士事務所ワン・プラス・ワン
http://www.44s4-kobayashi.com/

関連記事

  1. 3分間スピーチ
  2. HSC(エイチエスシー)って知ってますか?
  3. きっとこれも気持ち次第
  4. えさ
  5. 『カセゲルシカク』?
  6. 似て異なる「割印」と「契印」
  7. バッチ
  8. 元八百屋の司法書士

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

PAGE TOP