7年前の支払いについて

7年位前に不動産介入より不動産を売却しましたが最近になり司法書士(売却した時の書類作成の費用だと思います)より一部入金がないと普通封筒で連絡があり、連絡がない場合法的手続きにとかかれてます。突然で7年前の請求でその当時不動産屋がどのようにしたのかもわからず、領収書もありません。支払わなければならないのですか。今連絡しても相手は、法律のプロなので支払う様な話になるとおもいます。7年も前の突然の請求は支払う義務がありますか?ご返答の程お願いいたします。

うめうめさん (長野県/39歳/男性)

お答えします。

詳細が分からないのではっきりとは言えませんが、7年位前の事案で、今まで何の連絡もなかったのであれば、司法書士の報酬請求権は時効により消滅している可能性が高いと思います。
(多少争いはありますが、商事債権の5年の経過がありそうなので消滅時効にかかると思われます)

(うめうめさんが登記手続の後お引っ越しや電話番号の変更を行っていなければ)請求の仕方も乱暴なので、架空請求?とも思ってしまいます。

とりあえず悩みを解決する方法としては、

1) 請求してきている司法書士が実在する司法書士かどうか確認する。(廃業している可能性もあり)
司法書士・司法書士法人検索(日本司法書士会連合会)
  ▼

2) その司法書士の住所・電話番号が請求書に載っているものと同じかどうか確認する。

その上でその司法書士が所属する司法書士会の相談窓口(司法書士の住所の「都道府県」と「司法書士」で検索するとその都道府県の司法書士会を見つけられます)に詳しい状況、7年前の手続きの請求が今ごろきた旨を伝え相談してみてはいかがでしょうか。

実在する司法書士であれば直接電話をして、「報酬の請求は時効で消滅してるんではないか」と伝えてみるのも手だと思います。実在しなければ無視してもよいのではないでしょうか。

損をさせない司法書士
司法書士 小林 彰

関連記事

  1. 相続登記をしよう
  2. 『相続放棄』と『遺留分の放棄』
  3. 変わる?商業登記と過料
  4. 遺言を無効にしないために
  5. 会社の登記簿=会社の戸籍謄本?
  6. あてにしていた相続節税対策も使えない
  7. 賃貸住宅の更新料条項は消費者契約法違反で無効
  8. 更正登記は義務なのか

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

PAGE TOP