親仕事を継いだが資産がない

私が二男で長男はサラリーマンで長女は嫁いでいます。
自宅で個人事業を始め父・母・私・長男の嫁の4名で仕事を行っていました。自宅が手狭になったため自宅を担保に工場を建てそこに私の家族生活を始めました。私と長男の中がこじれ一切関係を閉じ次第に長男の嫁とも関係がなくなりました。
父・母・私・妻で仕事を15年ほど続けましたが2年前に父と私の関係もこじれ、すぐに父が倒れ左半身マヒになり母も付き添いのため仕事を辞めました。ローンの残りは私が払っていましたが、昨年の11月に自宅を立て直すから私が住んでいる工場(名義は母親)で2000万の担保を組みたいからと言ってきましたが、私の住んでいる所に担保を掛けないでと頼み、了承し、残金400万を私が工面し支払うことで、その時点では
話が終わりました。私も何とかしようと銀行と話し合い1月15日頃やっと書類を出せば借用できる所まで到達しました。
1/29に母親に確認の電話をし「絶対に工場に担保を掛けないでほしいと」頼みそんなことはしないし、自宅の担保もまだあるはずとの回答を受けましたが、しかし法務局で土地の閲覧を
したら、自宅の名義が長男に(H21.1/7)変更されており担保も外されていました。

この場合私には何も残らないのでしょうか?
また、工場の担保を外すことは出来るのでしょうか?
父から長男への名義変更する場合わたしは関係ないのでしょうか?
以上 3点の回答お願いします。

keibuyarさん (福井県/45歳/男性)

お答えいたします。

まず、お父様が単独で所有する土地をご長男名義に変えることは、自由です。
基本的に第三者の承諾や同意はいらないんです。

担保が外れていたというのは、その抵当権などにかかる借入れを返済したということでしょう。
名義の変更と担保の抹消が一緒に行われているのであれば、ご長男が支払った売買代金でお父様が借入を返済した可能性が高いですね。
残念ながら、お父様の土地をご長男がちゃんとお金を払って売買で取得したのであれば、現状では何もできません。

もし、贈与や実際にはお金が動いていない売買などであれば、お父様の相続時にご長男が無償で取得した部分を含めて、それぞれの相続分を計算するようになります。しかし、お父様が亡くなった時に財産がなければこれも意味があまりありません。

続いて、工場の担保をはずすには、借入先に借入金を返済するか、他の不動産等を代わりに担保に提供するしかないでしょう。(これも金融機関との交渉が必要です。)

関連記事

  1. 7年前の支払いについて
  2. そうだ、遺言を書こう!
  3. 司法書士の業務について
  4. 会社・法人マイナンバー制度
  5. 抵当権設定について教えてください。
  6. 叔母名義の借地上にある実家の借地料について
  7. 遺言を書く人、書かない人、あなたはどっち?
  8. 財産分与について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP